フード・セーフティ
31/34

29HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)システムは、「危害分析」と「重要管理点」と和訳され、1960年代、アメリカの宇宙計画向け食品製造のために考案されたものです。宇宙食に100%の安全性を保証するためにはどうしたらいいか。今までのような最終製品の検査に頼った方法では膨大な数の検体が必要となり、非効率であるばかりか全製品に対し安全性を保証できるものではありません。そこで考え出されたのが、工程ごとに管理する衛生管理方式であり、さらに記録を重視するという考え方が加わって、HACCPシステムのもとになる概念ができあがりました。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です