フード・セーフティ
28/34

26 ※製造業者が保管や運搬を自ら行う場合は、流通段階の記録も必要になります。 ※生産者が自ら小売業として販売する場合は、出荷の記録は不要になります。次頁の記録保存事項の確認が可能な書類(電磁的記録によるものを含む。)であれば良く、専用の帳簿を作成する必要はありません。仕入又は販売台帳、注文書、契約書、送り状、領収書、輸入時における食品等輸入届出書控等、他の目的のために作成する仕入・出荷・販売の記録に係る書類で差し支えありません。取り扱う食品の流通実態(消費期限又は賞味期限)に応じた合理的な期間を設定することを基本としますが、多種多様の食品を仕入、出荷、販売する事業者で流通実態に応じた保存期間の設定が困難な場合は、次の期間を参考として設定します。・生産、製造加工、流通段階販売後1~3年間・小売段階販売後1~3ヶ月生生産産段段階階食品の原料又は材料として使用する農林水産物の生産者流流通通段段階階食品の保管業者(倉庫業者など)、卸売業者、輸入業者製製造造加加工工段段階階食品等の製造業者及び加工業者小小売売段段階階小売業者、飲食店営業者

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です