フード・セーフティ
11/34

(焼き鳥、焼肉、トンカツ、ハンバーグ、もつ煮など)●●基基本本的的なな注注意意点点原材料の食肉は、サルモネラ属菌、カンピロバクター属菌、病原性大腸菌などに汚染されていると考えて取り扱いましょう。鶏肉、ひき肉、内臓肉は特に注意が必要です。・食肉専用の調理器具(まな板、包丁、バット、ボウルなど)を使用しましょう。・食肉を扱った後は、次の調理にとりかかる前に必ず手洗い、消毒をしましょう。●●仕仕入入れれ、、保保存存上上のの注注意意仕入れは計画的に・必要な量だけを仕入れ、なるべく1回で使いきる包装単位のものを選びます。保存中は、他の食品を汚染しないように注意・冷蔵保存の場合は、肉汁などがもれないように、フタ付きの容器やビニール袋に入れてトレイを敷き、5℃以下で保存しましょう。・冷凍食肉は、ビニール袋や密閉できる容器に入れ、-15℃以下で保存しましょう。※発泡スチロール製の容器に入れたまま冷凍庫や冷蔵庫に入れても、断熱効果で中は冷却されません。冷気が伝わる他の容器に移し替えて保管しましょう。解凍は必要な量だけ再冷凍は禁物・解凍は冷蔵庫内で行い、ドリップ(液漏れ)が他の食品を汚染しないように注意しましょう。・余った食肉は細菌が増殖している可能性があるため、再冷凍は危険です。使用に際しては、必要な量だけを解凍しましょう。●●調調理理上上のの注注意意生肉の細菌が他の食品を汚染しないように・二次汚染を防止するため、食肉専用の調理器具(まな板、包丁、バット、ボウルなど)を用意しましょう。・内臓肉(レバー、もつなど)は、流水で十分洗浄してから使用しましょう。洗浄後の排水から他の食品や食器を二次汚染しないよう注意しましょう。下処理中も低温に保ち、細菌の増殖を防ぐ・調味液への漬け込みは、フタ付きの容器に入れ、必ず冷蔵庫内で行いましょう。・解凍は時間の余裕をもって始めましょう。室温放置や日の当たる場所での解凍は禁物です。必ず冷蔵庫の中で解凍しましょう。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です