フード・セーフティ
10/34

○調理を始める前に、改めて手を洗いましょう。そのまま食べる食品を扱う前にも手を洗いましょう。○加熱する食品は、中心部まで十分に加熱しましょう。食中毒を防ぐための目安は、中心部の温度が75℃以上で1分間以上加熱することです。(ノロウイルス対策の場合、85~90℃以上で90秒間以上です。)○包丁・まな板、その他調理器具は食品ごとに洗浄・消毒して使いましょう。○食品の出来上がりの時間が揃うように、調理の手順を工夫しましょう。○調理を中断する時や出来上がった後に、食品をそのまま室温で放置すると細菌が増殖して危険です。確実に冷ました後に冷蔵庫に入れ、再び加熱する時はよく混ぜ、中心部まで十分に加熱しましょう。○使用した包丁・食器・まな板・ふきん・たわし・スポンジなどは、すぐに洗剤と流水で良く洗いましょう。ふきんの汚れがひどい時には、清潔なものと交換しましょう。塩素系漂白剤に一晩浸けておくと消毒効果があります。○包丁・食器・まな板などは、洗った後、熱湯をかけると消毒効果があります。たわしやスポンジは、煮沸すれば効果的です。○食事の前は、必ずよく手を洗いましょう。○清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛りつけましょう。○温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちに食べましょう。○残った食品を扱う前にも手を洗いましょう。○残った食品はきれいな器具を使って、フタ付の容器等に入れ、汁がこぼれないように注意して保存しましょう。早く冷えるように浅い容器に小分けして、冷蔵庫(冷凍庫)で保存しましょう。○残った食品を温め直すときも、中心部まで十分に加熱するように注意しましょう。目安は75℃以上で1分間以上です。みそ汁やスープなどは沸騰するまで加熱しましょう。○保存後の食品は、早めに食べ切りましょう。ちょっとでも怪しいなと思ったら、思い切って捨てましょう。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です